[ 製品と向き合う事はその先にいるすべての人と
向き合う事 ]

私の職場は医療機器を専門として取り扱っています。
お客様から依頼を受け、製品の設計から検証、生産までに携わるほとんどすべての業務に携わります。
私が最近担当したのは、製品輸送に使用する梱包箱の設計やラベルの設計。
とにかく製品に関わることであれば、ありとあらゆる業務を行います。
そのため、対人コミュニケーションは必要不可欠。他部署との連携はもちろんのこと、お客様と直接やり取りするのも自分たちなので受け身の姿勢では進めません。
私の場合は、仕事全体の流れを見る業務に携わったときに、業務の前工程、次工程のつながりを把握できるようになり、どうやってコミュニケーションを取っていくのが最適かを常に意識できるようになりました。

[ 上司の頼もしい背中は、「自分もそうありたい」と思わせてくれる ]

この仕事は、とにかくチームワークが重要です。
シブヤのスローガンの中に「協力一致」というものがありますが、技術部はそのスロー
ガンを体現している場所です。
急な案件が発生したときは、先輩が指揮を執り、迅速に対応していきます。
特に私が所属している課で先頭に立つ先輩は現場での指揮官としても、人間としても尊敬するところばかりです。
先輩の働き方を見ながら良いところをどんどん吸収して、いつか自分が上に立つようになったら、職場のメンバーから信頼される存在になりたいです。